『保険薬剤師の登録方法』

保険薬剤師の登録方法

薬剤師が保険薬局等で公的医療保険の適用を受ける調剤を行うためには、あらかじめ「保険薬剤師」の登録を受けなければなりません。

ここでは、保険薬剤師の登録方法についてご説明しましょう。保険薬剤師の登録を行う機関は、勤務する保険薬局等が所在する都道府県を管轄する地方厚生(支)局の事務所等です。以前は保険薬剤師の登録(異動届、住所変更、氏名変更等も含む)は、社会保険事務所で行っていましたが、平成20年10月1日から管轄の地方厚生(支)局の事務所等に変更となりましたので、注意してください。

申請するのは、登録を受けようとする薬剤師本人です。厚生局での受付日が登録日となります。申請は窓口か郵送、電子申請でも行うことができます。勤務先の薬局等で手続きを代行してもらえる場合もあるでしょう。

保険薬剤師登録申請書は一枚もので、保険医登録申請書と共用の様式です。通常添付する書類は、薬剤師の免許証の写しだけです。薬剤師免許の交付のように、登録に費用はかかりません。謄本等も必要ありません。

登録申請書には、勤務先の名称や所在地を記載する欄がありますが、これから調剤薬局等に新規もしくは転職を希望している…など、新たな勤務先が決定していない場合でも、お住まいの住所での登録が可能です。その場合には、お住まいの住所を管轄する厚生局の事務所等で手続きします。保険薬剤師登録が初めての方は、時間的余裕があれば手続きを済ませておくとスムーズにお仕事のスタートができるでしょう。

登録申請し特に問題がなければ「保険薬剤師登録票」が交付(原則勤務先に郵送)されます。登録と同時に厚生局事務所等の掲示板及びホームページで、登録されたことが公示されます。登録証と一緒にその他の必要書類も一緒に受け取ります。指導監督のために提出が必要な書類もありますから、確認しましょう。

登録証交付後になりますが、「新規指定時集団(個別)指導」等の研修を受講しなければなりません。この指導講習会は、保険医療機関・保険薬局の指定を受けた場合にその開設者及び管理者、それから新規に保険医・保険薬剤師の登録をした場合に必ず受講しなければならないものです。

登録申請をする際に、注意しなければならない点は、「勤務先の所在地を管轄する」地方厚生(支)局の事務所に申請をするという点です。管轄外の所に間違って提出すると、手続きが遅れることになりますから、気をつけましょう

保険薬剤師の求人をお探しならこのサイトで検索!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細へ