『保険薬剤師』

保険薬剤師とは

薬剤師は、大学において6年間(2005年以前に入学したものは4年間)の薬学部の正規課程を修めて卒業し、薬剤師国家試験に合格すれば、「薬剤師」としての業務に就くことができます。

薬剤師の業務は非常に多肢に渡りますが、なかでも薬剤師法で一番にあげられる「調剤」は最も基本的な薬剤師の業務です。薬剤師であれば誰でも行うことができます。しかし、その中でも「保険薬剤師」にしかできない業務もあるのです。

では、薬剤師のなかで、「保険薬剤師」とは、どんな薬剤師のことを言うのでしょうか。日本には「健康保険制度」等の公的保険制度があります。ほとんどの人が加入していて、医療機関にかかるときには利用している制度です。そうした、保険制度を取り扱う医療機関等は保険医療機関としての指定を受けなければなりません。保険業務に関わる為に必要な手続きです。同様に、薬剤師や医師も、保健医療に関わるには保険薬剤師、保険医としての登録が必要になるのです。つまり、薬剤師の資格があっても、保険薬剤師として登録しておかなければ、保険調剤を行うことができないのです。保険点数の計算や保険請求等の保健医療上の公的な手続きを行う訳ですから、その業務をおこなうためにに必要な登録という位置づけです。

薬剤師の就職先の中でも、一番多いとされる「調剤薬局」。ほとんどの日本人が健康保険などの保健制度を利用して、医療機関にかかっている現状から、調剤薬局も、ほとんどの場合が「保険調剤薬局」となっています。つまり、保険の取扱のある調剤薬局で働くには、薬剤師も保険薬剤師である必要があるのです。それ以外でも、保険医療に関わる業務を行う場所で働く薬剤師は、保険薬剤師である必要があります。

ただし、同じ保険調剤を行う業務でも、病院内の薬剤部等に勤務する場合には、「保険薬剤師」としての登録は不要です。また、ドラックストア等で勤務するのにも必要ありませんが、ドラックストアの調剤併設店で調剤するときには必要です。

保健薬剤師になるためには、勤務先の管轄の地方厚生局で登録手続きを行います。登録手続きに手数料等の費用は掛りません。書類上の手続きと、登録後の研修に参加する必要があります。

薬剤師として働く方のかなりの割合の方が、保健薬剤師として登録して働く事になるのではないでしょうか。初めて就職する場合、病院勤務から保険薬局へ転職する場合など、必要となる登録制度ですので、覚えておきましょう

保険薬剤師の求人をお探しならこのサイトで検索!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細へ