『保険薬局』

保険薬局とは

保険薬局とは、薬局の中でも、特に健康保険等の保険を使って調剤(保険調剤)することができる薬局の事を言います。厚生局での保険指定を受けて、保険薬局となることが出来ます。保険薬局で保険調剤を行うためには、指定を受けるだけでなく、調剤する薬剤師も保険薬剤師でなければなりません。独立した、医療提供施設ですから、独立した建物にあり、管理者と従事者などの人員面でも会計面でも他の医療機関とは明確に区別されている必要があります。そして保険を使った調剤を行うのですから、当然、保険点数の計算や、保険請求手続きなど、保険にかかわる業務も行われています。

保険薬局でない薬局では、大衆薬を販売したり、調剤することはできても、保険調剤を行うことはできません。反対に保険薬局では、保険調剤を行うだけでなく、大衆薬等も販売することはできます。

ちなみに、「薬局」という名称は調剤室を有し、薬剤師が医師等の処方箋に基づいた調剤を行うことが出来る場合に使う事ができます。そうでないドラッグストアーなどでは、「薬局」という名称が使えないので○○ドラッグ、○○薬店などの名称となっているのです。

一般的に保険薬局とは、医薬分業が進む中、病院や医院などの医療機関が新規開業するに伴い、隣に一緒にできた薬局といったような、「門前薬局」が多いイメージでしょう。しかし、近年では、併設型でないいわゆる町の薬局も保険指定を受けて保険調剤を行なうところも増えています。また、一般医薬品や日用品、健康・美容商品や食品などを取りそろえたドラックストアなどでも近年、保険指定を受けて、店舗の一部で薬局として保険調剤を行う「調剤併設型ドラッグストア」も増えてきています。

こうした保険薬局の増加で、保険薬局も飽和状態になってきているという現状もあります。その中で、サービスの向上や他の薬局との差別化をはかることに力を入れるようになってきました。複数の病院や診療所からの薬の処方の組み合わせなどを一括管理する「かかりつけ薬局」としての存在となろうと努力する薬局も増えつつあります。

また、保険薬局では、2008年4月1日より「変更不可」の指示がない限り、医師から処方された先発薬だけでなく、ジェネリック医薬品と呼ばれる後発医薬品も薬剤師の判断で選択できるようになりました。後発医薬品は、患者の負担を減らすこともできるので、保険薬局では、そうした面でのアドバイザー的な役割も出てきています

保険薬剤師の求人をお探しならこのサイトで検索!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細へ