『薬剤師と保険薬剤師の違い』

薬剤師と保険薬剤師の違い

薬学系大学において6年間の正規過程を修めて卒業し、晴れて薬剤師の国家試験に合格した時点で、「薬剤師」となることが出来ます。薬剤師の業務は幅広く、製薬会社で薬が開発され、作られ、患者の手元に届けられるまでのすべてに薬剤師が関わっています。薬剤師の就職先としては、製薬会社での新薬の開発のための研究や実験、医薬品情報を提供したり、副作用情報を収集するMR。それから、病院内で働く病院薬剤師。保険調剤薬局で働く保険薬剤師。その他にも、保健所や水道局などの行政機関で働く薬剤師などもいます。

薬剤師の免許があれば、こうした様々な就職先を選ぶことが出来ますが、公的医療保険の適用を受ける調剤を行えるのは、「保険薬剤師」だけとなっています。しかし、注意したいのは、病院内の薬剤部等に勤務する病院薬剤師は、同じ保険調剤を行う上でも保険薬剤師の登録をする必要はないという点です。ですから、保険薬剤師として登録する必要があるのは、主に病院外の保険調剤薬局で働く場合となります。

では、病院で働く薬剤師と保険薬局で働く保険薬剤師とでは、業務にどのような違いがあるのでしょうか。調剤をしたり薬に対しての説明や指導などを行うのは同じですが、病院薬剤師は医師の指示の下で働くことになります。外来と入院の二通りの患者のパターンによっても投薬の管理方法は違うでしょう。医療の現場を目の当たりにし、最先端の医療に触れたり、病床の患者の様子を直接見ながら指導する事もあるでしょう。注射や点滴などの調剤を行うこともあります。

一方、独立した一つの医療提供施設である保険薬局は、薬剤師が中心となって回っています。医師からの処方箋を元に、保険調剤行為を行いますが、調剤料の点数算定方法や解釈の仕方、請求までひと通りの手続きが一人でできるような、健康保険や介護保険についての知識が必要となります。患者さんの質問に対して、薬の説明だけでなく、金額等の説明にも答えらえるような知識が求められるというのが保険薬剤師の大きな特徴でしょう。

業務以外にも、取り扱う薬の内容にも違いがあるでしょう。病院内では、、抗がん剤や麻酔薬や麻薬などを取り扱う事もあるでしょう。院内で使われる薬と、院外の薬局で処方される薬とでは、頻繁に取り扱う薬の種類に差があるのは当然ですよね。診療所のすぐ横に併設状態である保険薬局では、その診療所の診療科目によって良く出る薬と全く取り扱わない薬の差もはっきり出るでしょう

保険薬剤師の求人をお探しならこのサイトで検索!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細へ