『調剤薬局と保険薬局の違い』

調剤薬局と保険薬局の違い

調剤薬局とは『調剤を行うことが出来る薬局』と位置付けられています。具体的には、調剤室を持ち、必要な施設基準を満たし、薬剤師が常駐していて、調剤を行える薬局の事です。調剤以外に、一般用の医薬品も販売できます。

では、保険薬局とはどのようなものでしょうか。保険薬局は、公的保険制度の健康保険を使った調剤、処方が行える薬局の事です。調剤薬局の中で、特に保険指定を受けた薬局の事を言います。

裏返せば、保険薬局でない調剤薬局は大衆薬の販売や調剤はできるものの、健康保険を使った医師の処方箋を受け付けて、保険調剤を行うことはできないのです。さらに、保険薬局では薬剤師も登録を受けた「保険薬剤師」でなければならないという違いがあります。

実際には、医療を受ける場合に健康保険を使う人がほとんどですから、みな保険薬局へ行く事になります。保険薬局でない調剤薬局に調剤を依頼すれば、自己負担は100%になってしまい、通常の3割負担等に比べたら、負担は大きくなってしまいますから、わざわざそうする人はいないでしょう。お客さんが来ませんから、保険を取り扱えない調剤薬局はつぶれてしまうかもしれません。ですから、街中や病院のすぐ隣にあるような薬局はよっぽど特別な理由がない限り、調剤薬局は指定を受けて、保険薬局として開設しています。調剤薬局であり、保険薬局であるところがほとんどなのです。そのため、保険薬局には「保険調剤薬局」「処方箋受付」など、保険が使える調剤薬局であるということを表す看板などが目立つところにかかげられているのですね。

昭和50年頃から病院・診療所は診察等の医療行為に専念し、薬歴管理や服薬指導など薬のことは調剤薬局の薬剤師が担当して医療の質的向上を図るという「医薬分業」により進展しはじめ、平成元年から国も推進に力を入れた事で本格化し、調剤薬局、保険薬局の数も増え続けてきたのです。医薬分業により、薬のスペシャリストである薬剤師が調剤業務と服薬指導を行うことで、薬剤に関連する医療過誤を予防することができるようになりました。その上患者は、処方せんがあれば、都合のいい時に保険調剤薬局を自ら選んで薬を受け取ることができるというメリットもできましした。

医薬分業の進展により、薬剤師は薬剤に関する知識だけでなく、保険についての知識、患者に分かりやすく薬に関する情報を提供するコミュニケーション力、患者に合わせて、分包を変えるなどのきめ細やかなサービスが求められるようになってきています

保険薬剤師の求人をお探しならこのサイトで検索!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細へ