『保険薬剤師に関する情報をご紹介』

保険薬剤師の求人を探すなら転職エージェント!

「保険薬剤師求人ガイド」では保険薬剤師への転職をサポートしてくれる薬剤師だけしか利用できない転職エージェントを厳選してご紹介しています。転職支援サービスは、求人を紹介するだけでなく、様々な面でサポートしてくれます。このサイトでご紹介している転職エージェントは、すべて無料で利用できますので、ぜひ登録されてみてください。それと登録者しか見れない非公開の求人もありますので、より理想の転職先を見つけることができます。当サイトでは、「リクナビ薬剤師」をオススメしています。

保険薬剤師に関連する情報もご紹介していますので、コチラもぜひご参考にしてください。

当サイト厳選の薬剤師転職サイト!どれも使いやすい!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社メディカルリソース
公式サイト ファルマスタッフの詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 ジェイネクスト株式会社
公式サイト ヤクステの詳細へ

保険薬剤師はどんな求人先があるのか?

薬剤師には色々な働き口があります。肩書きも色々とあり、管理薬剤師、保険薬剤師などたくさんです。管理薬剤師とはドラッグストアや薬局などで経営者のお手伝いをする管理者的薬剤師の総称を意味しますが、保険薬剤師とは何でしょうか?

門前薬局や調剤薬局で、保険適用の処方箋を扱う薬剤師
保険薬剤師とは肩書きに書いてある通り、保険適用の薬を調剤する薬剤師を意味します。日本には国民皆保険制度があり、通常の医療行為は保険適用がされます。その保険適用で行なわれた医療行為と共に、保険適用で処方された薬があります。その薬の調剤を行なう資格を持った薬剤師を保険薬剤師と言います。

保険薬剤師の資格を設ける理由は、病院の外でも薬の調剤が行なわれるようになったからです。病院の中だけで医療行為が行われ、薬が調剤されるなら別に問題ありません。ですが、医療行為が行われた場所とは別の所で薬が渡されるとなれば、きちんと保険に付いて分かっているスタッフが外部にも必要になります。

保険薬剤師の肩書きで働く職場は自然と限られてきます。
1、門前薬局
2、処方箋を扱う調剤薬局
以上の職場がメインになります。

1、門前薬局
門前薬局は、医療機関の目の前にある薬局です。当然、医療機関で保険を使って診療を受けた患者が、その医療機関で作ってもらった処方箋を持ってやってきます。出す薬は保険適用なので、保険薬剤師が薬を調剤して手渡します。

手渡す際に薬の指導も行ないます。調剤から指導までを含めた業務が、保険薬剤師の仕事です。

2、処方箋を扱う調剤薬局
門前薬局でなくても、処方箋を受け付ける調剤薬局なら保険薬剤師が必要になります。保険を適用して薬を処方するため、患者負担、保険負担が分かれます。その辺りの仕組みをしっかりと把握していないと保険適用の薬を出せません。保険薬剤師は健康保険、社会保険の仕組みを熟知している必要があります。

保険薬剤師の資格は、薬剤師であれば誰でも簡単に取れる
保険薬剤師には簡単になれます。基本的に門前薬局や調剤薬局に勤務すれば、会社が資格取得の申請を代行してくれます。別にお金も掛かりません。保険薬剤師に申請していないのなら、すれば良いだけの話です。それほどナーバスにならないで考えて下さい。

ちなみに病院に勤務する薬剤師は、保険適用の薬しか扱わないので保険薬剤師に申請登録する必要はありません。あくまでも病院の外部で保険適用の薬を扱う薬剤師が申請登録する必要がある資格と考えて下さい。